特殊な美容室の鏡

特殊な美容室の鏡

特殊な美容室の鏡

美容室の鏡見映った自分を見る時に、なんとなく普段の自分とは違った違和感がありませんか?時々鏡によってはその様に感じる時がありますが、美容室の場合だと多くの人が不自然たとか違和感がある、と感じてしまう様です。美容室関係者の人が言うには、美容室で使用する鏡と言うのは、他の角度から映り込む込む事を避けるような作りになっているものがあるのだそうです。ですからどんな角度から見ても、映っている人物が同じように見えるようになっている、という事があるようです。実際の世界では見る角度によっては同じ人物でも見え方がちがったりするのですが、それを避けているわけですね。カメラで写真を撮ってプリントするととても平面的に見えますが、それがどの角度からみてもそのように見えるようになっているので、それが不自然だったり、違和感だったりするのかもしれません。ですが美容師さんにとっては、どこからみても同じように見える事で正面もサイドもバックも、同じような感覚で持ってカットする事が可能になる様なんですね。美容室の鏡と言うのは、その美容室のオーナーさんや美容師が使いやすいものを選んでいるようですから、美容師が仕事がしやすい事を基準に選んだ鏡であれば、お客さんにとっては映りが不自然と感じるものになってしまっているのかもしれません。多くの美容室のお客さんたちが、美容室の鏡に映った自分は普段の自分よりも見劣りする気がする、と感じている様なんですね。ですからほとんどの人がそう感じる、という事は疎の人たち全員が実際に見劣りしている訳ではなく、美容室の鏡側に原因があると言っても良いでしょう。ひとつの説として、鏡そのものよりも美容室の照明によるものだ、という説があります。それは光と鏡映りと言うのはとても影響し合っています。女優さんが照明を目いっぱいあてて写真を撮っているのと同じでしょう。照明によっては、普段の自宅の照明や日光の光とは違うために、まるでこれまで見たことのない様な自分が映し出されてしまう事もあるでしょう。美容室の照明と言うのはお客さんをキレイに見える様に設定師エチル所もあるかもしれませんが、多くは美容師が作業しやすいように設定されていると思います。それによって普段はその様な照明の場所で過ごす事は無い私達にとっては、そもそもその空間が不自然な空間になってしまうのだと思います。また美容室用の鏡、という物があるようですからそういう照明のもとでもお客さんの姿をきちんと映し出すように作られた鏡が使われているのかもしれません。すべてが特殊な空間で自分自身の姿を見ることになりますから、多少の違和感があるのは当然なのかもしれません。藤沢 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ