すぐに辞めてしまう人

すぐに辞めてしまう人

すぐに辞めてしまう人

美容師と言う世界は、どんなに国家試験に合格して、美容室に採用されたとしてもすぐにお客さんの髪を切る人はまずいません。ほとんどの人はまずは「アシスタント」というポジションから始まり、髪を切ることは無くシャンプーや雑用などをしながらまだまだ練習をする時期を過ごさなくてはいけません。その時点ですでに美容師を辞めてしまう人がとても多いようです。もちろんそのアシスタント時代と言うのがとても辛い時期なのだろう、と言う事も想像できますが、でもまだ始まったばかりですし、そういう時代がある、と言う事は美容師を目指す人であるならば、誰でも覚悟していた事ではないのでしょうか。それでも辞めてしまう人、というのは何が原因なのでしょうか。その多くは「そもそも美容師になろうとした動機や覚悟が甘かった人」と言う事があるようです。美容師になりたい、と心から思っていた人ならそういう不遇の時代があることも覚悟のうえで就職していると思いますが、実際のところは美容専門学校に通っている学生たちの中には「なんとなくカッコよいから」とか「他に興味のあるものがないから」と言った理由で美容専門学校への進学を決めた人も多い様なんですね。そういう人たちの多くは国家試験をクリアすることなく、見習いとして美容室へ就職する人も多いようです。美容師と言う業界は離職率が高いと言う事は良く知られている事だと思います。ですが考えた見たら不思議なもので、美容師になりたい人というのは早くからその目標に向かって頑張っている人たちで若いころから美容専門学校に通って学んだり技術を習得する事に一生懸命に取り組んできた人たちのはずですし、国家試験に合格するためにはかなり勉強しなくてはなら異様ですから、その勉強も頑張ってクリアしてきた人たちのはずです。そもそも美容師が大変な仕事である、と言う事を言われてから久しい訳ですから、そんな事は承知のうえで美容師を目指したのではないのか?どうしてすぐに辞めてしまったりするのか?と思ってしまいます。逆に言えばいざ美容師になってみたら、かなり理想と現実とに差がある業界だから、長年努力したにもかかわらず、辞めると言う選択をせざるを得ない人が多いのかな、と想像する事も出来ます。いずれにしても美容師になる、という目標をもって取り組んだにもかかわらず、美容師と生涯の職とすることなく辞めていく人が多いのは、残念でもあり不思議な事でもあります。しかも辞めていく人の多くは、かなり早い段階で辞めてしまう、というのも良く聞く話です。せっかく長年努力したことを手放してしまいたくなる理由と言うのはどういう所にあるのでしょうか。鶴瀬で人気の床屋


ホーム RSS購読 サイトマップ