日本人は洗いすぎ

日本人は洗いすぎ

日本人は洗いすぎ

日本人が毎日髪を洗わなければ不快だ、と感じるのに、多くの欧米人たちはそこまで思わないようです。どうしてそういう違いが起こるのかというのは不思議な話ですが、世界的に見ると日本人の洗髪に対するこだわりの方が異常に見える事もあるようです。その結果日本人は頭皮が薄くなってしまって傷つきやすかったり乾燥しやすい頭皮になってしまっている、という説も有ります。シャンプーで洗いすぎたために頭皮の角質がはがれてしまい、欧米人の頭皮よりも薄くなってしまっている、というのです。それにもかかわらず日本人は「きちんと洗わないと頭皮トラブルが起きる」と思っている人も多くいて、さらにシャンプーのやりすぎを招いてしまう事もあるようですね。日本人は元々諸外国の人たちと比べて何事においても繊細な部分があります。時間に厳しかったり礼儀作法にうるさい、綺麗好き、といった面ですね。それが髪の毛を洗う、という事に対しても現れている様な気がしますね。毎日シャンプーをしてしまう事で頭皮を傷つけているにもかかわらず、それでも匂いや見た目のべた付きを防ぐ事を優先してしまうのは、いかにも日本人らしい生活習慣である、と言えるかもしれません。長年そういった習慣のある日本人にとっては今から先発の回数を減らせ、と言われても難しいですよね。日本人と同じように毎日髪を洗う習慣のある国というのは、多くは気温が高く湿度が高い気候の国だと言えるでしょう。温度や湿度が高いと「さっぱりしたい」「汗を流したい」という気持ちになるのは全世界共通の様で、その様な国ではシャワーを浴びたり髪を洗ったりする頻度は日本人と同じ、もしくはそれよりも多いかもしれません。ですがそのような気候ではない国では先発の頻度はそこまで高くはありません。特に洗髪をあまりしない国というのはどのような国なのでしょうか。あまり汗をかかないような気候の国である、という事は容易に想像ができますが、それ以外にも洗髪をあまりしない理由がある国も有ります。たとえば体や髪の毛を洗うのに十分な水の供給が無い国です。日本では考えられないかもしれませんが全世界を見渡せば各家庭に水道水が行渡っていない国も多くあります。あっても水質が良くない国も有ります。もともと使える水の量が少ない国もあります。そうなってくると水の使用で優先されるのは食べる事になってしまいます。シャワーや洗髪にまで使う水が確保できない、という事です。そういう国があることを考えると日本人がシャワーやシャンプーにそこまでこだわるのは異常にも見えるかもしれませんね。マツエク まつげエクステ 三宿 トリートメント ミンク 人気 クーポン 口コミ


ホーム RSS購読 サイトマップ