髪の健康状態を保つ

髪の健康状態を保つ

髪の健康状態を保つ

髪の毛の状態が良くない、というのは表面のキューティクルが開いている、と言う状態になっていることが殆どです。キューティクルが開いた状態になっていると、それだけ花粉が入り込みやすくなりますから、キューティクルが常にきちんと閉じた状態になっている事が花粉を寄せ付けない効果がありますし、また付着してもひっかっかりが少ないのですぐに落とす事が出来る状況になります。キューティクルの状態を良い状態にして奥には、トリートメントが効果的です。トリートメントそのものが、本来髪の毛に汚れを付けない様に保護する役割がありますから、花粉を寄せ付けなくする効果があります。さらにキューティクルを閉じた状態に保つことができるので、花粉が寄って来たとしてもひっかかりにくい髪の毛となります。健康的できれいな髪の毛というのはキューティクルがきちんと閉じていてツヤやハリがあります。特別花粉を意識しなくても、こういう健康的な髪の毛を維持する事は、見た目も美しくなりますから、そういう良い髪の毛の状態を維持するように心がければ、自然と花粉を防ぎやすく、落ちやすい髪質にする事ができる、と言う事になりますね。普段からきちんとヘアケアをする習慣が付いていれば、それが自然と花粉対策にもなっている、と言えるでしょう。ロングヘアにしていることで、花粉が付着する量が増えてしまう、と言う事があると思いますが、さらに花粉が付き安くなるのは、ロングヘアがふんわりしていたり、動くたびになびき安いスタイルになっている、と言う事です。最近はやりの「ゆるふわ」のスタイルは女性の憧れでもあるかもしれませんが、この髪の毛と髪の毛の間に空気を多く取り込んだようなふんわりとしたヘアスタイルは、髪の毛が密接しているスタイルよりも、より花粉が入りやすくなります。そして一度髪の毛に付着してしまった花粉は、ふんわりヘアだと、はがれてもすぐに近くの髪の毛にと移動してしまう可能性が大きいですね。ゆるふわなスタイルが好きな人は多いかもしれませんが、もし花粉症で悩みを抱えている人であれば、この時期だけは髪をまとめて結んでおくとか、ゆるふわスアタイルはいったんお休みするとかと言った措置を取る方が良いかもしれませんね。ゆるふわに限らずパーマヘアは花粉が入る隙間をより多く作ってしまうヘアスタイルとなります。この時期だけでもパーマはやめておくとか、パーマをかけるならばショートにして、できるだけ髪の毛の面積を減らすとか、外出する時には帽子の中に出来るだけ髪の毛が収まるようなスタイルにする、などの工夫をした方が良いでしょう。江古田 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ