イメチェンの度合い

イメチェンの度合い

イメチェンの度合い

皆さんは実際に「さあ、イメチェンするぞ!」と言う勢いでヘアスタイルでイメチェンを図った事があるでしょうか?もしくはイメチェンするとしたら、どれぐらいの変化を求めているのでしょうか?イメチェンと言ってもその度合いは色々ですよね。たとえばロングのゆるふわな感じの女性が、いきならい刈り上げをするようなショートカットにしたらどうでしょうか、それはもはやイメチェンと言うよりも激変ですよね。おそらく周囲の人たちは「いったい何があったのか」と心配するレベルでしょう。ですがそれほどではなくても、長さは変えないでゆるふわパーマをストレートにしてみるだけでも印象は全く違ってきます。おなじゆるふわだけれども30センチ近く長さを短くする、というのでも立派なイメチェンになり得ます。ですが実際にその様なイメチェンをしてみた人の中で、仕上がりのスタイルに「失敗した」と感じる人の多くは、あまりにも大きく変化する事を望み過ぎたのが原因となっている人が多いようです。プロの美容師の人の話の中でも「あまり劇的変化させるイメチェンは薦めない」という意見が多いようですね。おそらく自分が思っている以上に印象が変わってしまうのだと思います。思い出してみれば前髪ひとつで印象は変わるのです。ましてやヘアスタイルそのものを変えるとなると、かなりの変化をもたらす事を覚悟しておかなくてはなりません。ヘアスタイルがその人の印象に与える影響はとても大きいものです。ですから逆に言えば自分の印象を変えたい、と思う時にはヘアスタイルを少し変えるだけでもかなりの変化を周囲の人に与える事が出来るでしょう。俗にいう「イメチェン」と考える時には、多くの人たち、特に女性たちはヘアスタイルを変える事をまず考えるでしょう。良く言われる事ですが、前髪の長さが数ミリ違っただけでもその人の印象がとても変わることがあります。眉毛が隠れているか、眉毛が少し見えているか、眉毛がすべて見えているか、という3パターンだけでも、その人の印象は全く違ってきます。イメチェンというのは当たり前ですが、自分の印象を変える、と言うだけではなくて、これまでよりも良く見せる、という事を目的にしている人が殆どです、わざわざ自分の好感度を下げるためにイメチェンする人はいないでしょう。そうだとするならば、イメチェンする時のヘアスタイル、というのは絶対に失敗したくない、と思っている人が多いのではないでしょうか。自分でこれまでの自分よりも良く見せたい、とおもって美容室へいったのに、その仕上がりがこれまでの自分と変わらない、もしくはこれまでの自分よりも印象が悪くなったのでは、ヘアスタイルを変える意味がなくなってしまいますよね。武蔵小杉 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ