働ける時間帯を明確に

働ける時間帯を明確に

働ける時間帯を明確に

子育て後に美容室に復帰するためには、自分がどのぐらい働くことができるか、と言う事を明確に持っておかなくてはいけません。採用試験の際に採用してもらいたい一心で、あたかもフルタイムでもOKだ、と言わんばかりの態度をしてしまうと、当然美容室側もそれだけの仕事量を期待してしまいます。いざ復帰して働いてみると「こんなに仕事があっては家庭と両立できない」という事に悩まされることにならない様に、まずは自分がどれだけ働くつもりなのか、と言う事ははっきりと持っておいて、その条件に合う復帰先を探すことにこだわるのが良いと思います。もちろん家族の理解があり自分もこれからは仕事第一で頑張っていくのだ、という気持がありそれが可能な環境であるならばいくらやる気をアピールしても皮まないと思います。ですが多くの女性たちは守るべき家族があれば、これまでの働く環境とは変わってきているのが現実です。本当に子どもが成人して一人前になれば、その時にフルで働くことも可能かもしれません。ですから焦ることなく、まずは家族の理解のもとで気持ち良く仕事ができるような復帰先を探す方が良いと思いますし、そいういママさん美容師、パート美容師を必要としている美容室も案外増えてきている様ですから、需要が無いと言う事は無いと思われます。美容室でどのように働くか、と言う事の多くはその美容室の店長の采配に従わなくてはいけません。ですから子育て後に仕事復帰しようとする女性美容師にとって、頼りに出来るのは店長やオーナーという上の立場の人だと思うんですね。その人達が家庭を持っている女性が仕事復帰する、と言う事に対して理解がある人でなければ、復帰後に仕事を気持ち良くできるかどうか、と言う事がちがってくると思うんですね。そう考えると、復帰先の美容室を選ぶ時に理想的だと考えるのは、自分と同じように出産・育児を経て店長やオーナーにまで上り詰めた、と言う経験を持つ女性店長や女性オーナーのお店ではないでしょうか。そういう人が上に立ってくれていると、そういう立場の従業員に対して理解があると思います。たとえ現場のスタッフたちがまだ結婚していない若いスタッフばかりだったとして、なにかぎくしゃくするような事があったとしても、店長が理解してくれていれば、丸く収まる可能性が大きいと思います。逆に店長が若い独身男性美容師、というようなケースでは、育児をに復帰する女性美容師の立場や気持ち、というのはなかなか理解されにくい事も多いと思います。もっともそういうお店の多くは、女性のパート美容師を募集すらしていない、と言う可能性が大きいかもしれませんけどもね。練馬 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ