復帰先との意思疎通

復帰先との意思疎通

復帰先との意思疎通

女性美容師が出産・育児後に美容室に職場復帰する時には、その復帰先を考えるにあたって、自分は家族や子供がいる立場であり、かつての仕事に集中できる状況ではない事を理解してもらえる職場を選ぶことが大切だと思います。その部分で雇う側と雇われる側の意識が違っていると、いざ仕事に復帰した時に「こんなはずでは」という思いが双方に生じてくる可能性があります。美容室側からすると、かつて美容師として一線で働いていた、と言う経験に期待しているので、家庭を理由に仕事を二の次にされるのは本意ではない、と思っているかもしれませんが、復帰する女性美容師からすると、子育てが一段落しただけであって自分には仕事以外に守るべき課程があるので仕事第一には出来ない、というがどこかにあるはずですし、それを美容室側が理解してくれているもの、と思い込んだままで復帰してしまう事も考えられます。そのあたりの「復帰するにあたって仕事に対してどのような思いを描いているか」と言う事は最初にきちんと美容室側に明言しておくべきだと思いますね。確かにそういう事を言っていたら復帰のための就職試験や面接で良い印象を与えない、と言う事もあるかもしれませんが、いざ雇われてからぎくしゃくするよりも、解ってくれる美容室をとことん探す方が良いと思いますね。出産や育児を経て職場復帰をしたい、と考える美容師も多くいるようですし、また逆にその需要も多いと聞いています。なぜなら美容室側にしてみれば、一から新人の美容師を育てるよりも経験者の美容師の方が即戦力になるからでしょう。それにプラスして若い美容師よりも出産や育児を経験した美容師はそれだけ話題も豊富だと言われています。若いスタッフでは話が合わなかったお客さんにでも対応してもらえるのは美容室としても助かるのです。ですからブランクがあるけれども大丈夫だろうか、と言う不安はあるかもしれませんが、その分人生経験は積んできたのだから、思い切って職場復帰を目指すのは悪い事ではないでしょう。ですがやはりハサミを持つことにブランクがあることには変わりありませんから、出来れば早い段階での復帰が望ましいと思われますし、美容室側もそう望んでいる事と思われます。こういう点では復帰したい美容師と復帰する美容師と受け入れる美容師の需要と供給はマッチしていると言えるでしょう。ただブランクの間に流行のヘアスタイルなども変わっているかもしれません。そういった感性の面については、ハサミを持たなくても日常生活の中で意識しておいた方が復帰後スムーズに対応できるかもしれませんね。弘明寺 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ