アイメイクから黒を引いてみよう

アイメイクから黒を引いてみよう

アイメイクから黒を引いてみよう

アイラインにマスカラは黒以外あり得ない、そう思い込んでいては損をしてしまいます。
確かに、黒を目元に入れると強調されますが、同時に抜け感や透明感が失われています。
更に濃くメイクをしていると言う風な印象も与えてしまうので、アイメイクからあえて黒を引いてみるのが今のトレンドです。
黒は誰にでも似合うと思われがちですが、目そのものがコンパクトな方が使ってしまうと余計に目が小さく見える危険カラーでもあります。
茶色のアイラインやマスカラにするだけでも、柔らかで奥行きのある澄んだ目元になれるので、黒のみしかないと決めつけないようにしましょう。

 

茶色と言っても、色んな色味がありますが、抜け感を出したいのであれば赤みを帯びた茶色がおすすめです。
赤の効果で血色がよく見えて憧れのハーフアイに近づけます。
また、ネイビーブルーのラインもアイシャドウ感覚で目じりに入れる涼しげでシャープになれ一重、奥二重の方に向いています。美容院のパートは求人の正社員で横浜の最近ではピンクや赤、イエローなどのカラーマスカラも販売されているので、まつ毛の先にだけニュアンスを乗せると派手になりすぎません。アイシャドウの色味は沢山あるのに、アイラインやマスカラは黒のみなんてもったいないです。黒は一見すると無難ですが、それでは個性はありませんし、似合わない黒をずっとアイメイクに取り入れているなんて魅力が台無しです。カラーマスカラやアイラインは部分使いをすると奇抜にはならないので、いつものメイクのもマッチします。

 

リップメイク一つとっても沢山ありますが、最近では3Dメイクが人気です。
全て同じ濃さにせず、あえて濃淡を出す事でちゅるんとした立体感のある唇になれる3Dリップのやり方をご説明します。

 

簡単なやり方は、赤味のある口紅とベージュ系の口紅2つを用意します
まず赤味のある方を全体に塗り、ベージュ系を輪郭に沿ってぼかすように塗っていきます。この時に綿棒を使うと上手く行きやすいのでおすすめです。
濃淡を出す事でまるで血色がにじんでいるようなナチュラルで可愛いけどしっかり存在感のあるリップになれます。
その上からグロスを重ねるとよりウルウルになれますし、あえてマットな質感のままでおいておくのもよいでしょう。

 

3Dリップは、唇の色が暗くくすみがちな方におすすめです。
普通に赤味の口紅を塗るとどうしても濃く見えてしまいがちですが、輪郭をベージュでぼかす事で自然な印象になり、しっかりくすみも飛ばします。
コツは口紅をそのまま塗るよりも、指にとってポンポンと軽く置いていくようにするとよりにじんでいる感じが出るのでグッドです。

 

最近では3Dリップが注目されているので、わざと中心に赤味を置き、端が薄い色の口紅が発売されてもいます。
この様な口紅がれば綿棒でぼかす手間も省けるので外出先でもサッとメイク直しができます。
赤ちゃんみたいな可愛い3Dリップはメイクがマンネリ化している方にもおすすめです。
ピュアな印象になれるので女子力もうんと上がるのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ