ドライヤーの工夫

ドライヤーの工夫

ドライヤーの工夫

ドライヤーの工夫

 

薄毛が気になり始めた時には、ドライヤーの当て方を工夫するだけでも随分とボリュームアップさせることができます。髪の毛が薄毛に見える原因として、実際にはそんなに薄毛ではないのに、髪の毛残しが無くなってしまって根元の部分が寝てしまっているので、髪の毛が頭皮に貼りついたように見えてボリュームが無くなったように見えるんですね。この状態を改善するためには、髪の毛を毛穴からきちんと上に立たせることが大切です。そのためにはドライヤーの当て方に一工夫すると良いと言われています。髪の毛には流れる方向があると思うのですがその方向に引っ張るとますます髪の毛は根元から寝てしまうばかりです。それをあえて逆向きに倒すようにドライヤーを当てるのです。そうすると髪の毛はいつもと逆向きに倒れるのですが、一度そうやって癖づけをしておいてから、いつもの方向に戻してやるのです。そうすると一度癖が付いた状態から逆の方向へ倒すので、根もとの部分がきちんと立ち上がるんですね。髪全体をその様に逆向きに倒しながらドライヤーを当てていくと全体的に髪の毛が根元から立ってボリュームアップして見えます。いつもよりも時間がかかるかもしれませんが、このようにしてドライヤーをかける事を習慣づけておくと、常にボリュームを保つことができます。温風で根元を立たせた後で冷風でキープさせるのもポイントです。

 

髪の毛が薄毛になり始めた事を気にしている人

 

スタイリングで工夫してなんとか薄毛を隠したい、と考えます。それは当然のことでそうやって工夫するのは悪い事ではありません。ですがその時に気を付けなくてはならない事があります。ボリュームアップして見える様にスタイリングをしてそのスタイリングをキープしようとするときに色々なスタイリング剤を使うと思うのです。ところがこのスタイリング剤の量によっては逆にボリュームダウンさせてしまう原因となってしまう事があります。スタイリング剤を多くつけすぎると、髪の毛一本一本が重くなってしまいます。皆さんにとっては少量のスタイリング剤であっても、髪の毛一本にしてみれば少量のスタイリング剤の差でその重みが違ってくるんですね。よく商品に記載されている使用量を見た時に「これでは少ないのでは?」と感じる事があると思いますが、実はその少量で使う事こそが、うまくスタイリングをキープするコツなんですね。特にワックスの様なそもそも重みのあるスタイリング剤や、どれぐらい使ったか良く解らないスプレータイプのスタイリング剤はついつい使いすぎてしまう傾向にあります。ちょっと少ないな、と思うぐらいが実はちょうど良い量なのです。それ以上はボリュームアップには逆効果であることを頭に入れておきましょう。

 

特選サイト

武蔵浦和駅でアシスタントの就職や採用求人
武蔵浦和駅でアシスタントの就職や求人の採用


ホーム RSS購読 サイトマップ