男性に多い前髪が毛束になる悩み

男性に多い前髪が毛束になる悩み

男性に多い前髪が毛束になる悩み

前髪に毛束が出来てくる原因として、そもそもの生え方の問題、という事も有ります。髪のくせの原因と言うのはおおくが毛根部分にあります。ですからどんなに前髪だけをいじっても、なかなか改善しない事が多く、その場合は生え方の問題だ、と考えた方が良いでしょう。手っ取り早いのは縮毛強制など部分パーマをかけてしまう事ですが、前髪だけのためにお金をかけるのは勿体ない、と特に男性の皆さんなら思ってしまうかもしれません。シャンプー後の寝る前に毛束になりやすい個所の毛根部分を整えてから寝る様にしたり、と改善するための方法は無い事も無いのですが、その手間も結局は面倒になってしまう事が多いものです。女性の皆さんなら前髪をトップと一緒に編み込む、とかいっそのこと横分けのスタイルにしてみる、とか誤魔化す方法が多くあると思うのですが、男性の場合はなかなかアレンジが少ないので困ってしまいますよね。美容師に相談してみたら前髪をアップにするスタイルとか、全体的にパーマをかけてみるとか、新しいスタイルを提案してくれるかもしれませんね。前髪に毛束が出来てしまうのは、皮脂や汗でそんな風になっているのか、と見られがちなので、なんとかさらっとした感じに見せたいのは特に男性のみなさんの思う所でしょう。前髪が分かれたり毛束が出来てしまうのを自分でブローをする事で改善する事も出来ます。手間はかかりますが、パーマをかけてしまうよりは髪を傷めませんし、パーマ代も節約する事ができます。クセを直す時にはどこの部分でも同じ要領です。おそらくみなさんは髪の毛のクセを直す時には髪の毛を濡らすと思うのですが、その時によく間違いをしてしまいます。それは髪の毛の先端や癖がついてしまっている部分だけを濡らしてしまう事です。髪の毛のクセというのは毛根部分に原因があることが殆どです。ですから直すべきところは毛根なんですね。ですから直すために濡らすのは髪の根元なんですね。そのことを間違えてしまったら、どんなに時間をかけても上手くクセを直す事は難しいですし、その時には上手くできたと思っても、時間が経つとすぐに戻ってしまいます。ですからまずは髪の根元部分をしっかりと濡らしましょう。水よりもぬるま湯の方が効果があると言われています。特に冬場は冷たい水を使うのは辛いでしょうから、温かいお湯で濡らした方が良いでしょう。髪を濡らしたらタオルでその水分を拭き取るので、濡らす前にはタオルを用意しておいた方が良いですね。ブローをするのは大変、と思うかもしれませんが、この根元部分を湿らせることさえ忘れなければ失敗しないで済む様です。八王子 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ