段階的にイメチェンする

段階的にイメチェンする

段階的にイメチェンする

イメチェンと言うのはそもそも計画的にするものではなくて、思いったてするものだ、という認識があるかもしれませんが、実際には思いってすぐにしなくてはいけない、という定義がある訳ではありません。ですが実際にそういう人が多い、という事は確かでしょう。イメチェンしたい、と思い始めたらとにかく今やらなくては気が済まない、という人は多い事でしょう。ですが少しだけ落ちつて考えてみる事も必要です。たとえばこれまでには無い強めのパーマをかけたい!と思っている場合、もしも今のヘアスタイルがストレートであるならば、イメージはがらりと変わってしまう事でしょう。そういう時には「まるっきりイメージを変えたいから強いパーマ」と思っているに違いないのですが、おそらく軽めのパーマでも十分にイメージは違ってきます。ですからまずは今の衝動を抑えるために軽めのパーマをかけてみましょう。そしてそのパーマスタイルの周囲の反応をまずは見てみましょう。おそらくそれだけでも十分な反響があるはずです。もしも「これで満足」と思えばそのパーマスタイルを少し続けてみるとよいでしょう。逆に「これでは物足りない!」「周囲の反応が薄い!」と感じるのであれば、もう一度強めのパーマをかけてみましょう。そうやって段階的にイメチェンを進行させるぐらいの心の余裕が欲しいものです。イメチェンをしたい、と思う時はおそらくかなり衝動的であるケースが多いと思うのです。イメチェンをしたくなった理由も様々だと思うのですが、特に女性に多いのはだんだんと気分を変えたくなった、という理由よりは、「思い立って」とか「今だからやりたい!」といったかなり急な気持ちの変化によることが多いものです。ですがその結果仕上がりのヘアスタイルに対して満足できないのも、そういうあまり良く考えないで行ってしまったイメチェンの事が多いのです。たとえばですが、全くこれまでのイメージとはかけ離れたイメージのヘアスタイルにしてしまった場合、これまで来ていた洋服がまったく似合わなくなってしまった、というケースです。これはヘアスタイルそのものがどうだったか、という事よりも、あまりに何も感が無いで急にイメチェンしたので生活スタイルがそこに追いついていない、というケースでしょう。本来ならヘアスタイルを変える、という行動をとるときには、よくよく考えてからにした方が良いものです。どんなスタイルが良いか、そのスタイルにしたらどうなるか、それに似合う服はあるか、スタイリングはどうなるか、といった事をよく考えるべきなんですね。ですがイメチェンしたい!と思い立った人は、そういう事はお構いなしで突き進んでしまう人が多いものです。上福岡にある床屋


ホーム RSS購読 サイトマップ